仙台アロマスクール&サロン AROMAHO〜アロマホ〜のブログ | 仙台アロマスクール&サロンAROMAHO/介護や医療で入居者様や患者様と心つながる喜び、大切な家族を癒し笑顔が見たい方。「一度学んで一生使える」をモットーに、ハンド講座/セラピストのスキルアップ講座他/出張講座も行っています。

アロマスクール&サロン 〜アロマホ〜AROMAHO
ブログ

余命を超えるコミュニティケア

私がボランティアで参加している
「がんサロン」が大崎市にあります


そこに集まる方は、
ガンで家族を亡くされた方

ご自身がガンと闘っている方、
難病指定されている方が

集まって、自身で出来ることを
コミュニティの中で行い

人生を生ききる!を
目標にいらっしゃいます



みんなは、余命を宣告されたらどうしますか?

守りますか?

変な質問ですよね!


90歳代の男性の方に出会い
余命の概念を考えさせられました


余命が1か月が
   3か月に伸び


老衰でながくないと言われた方が
現在は杖をついて歩くまでに回復!

これは、医療の力では
「もうここまで!」
と言われた後の出来事なので
聞いたときはビックリ


家族はもちろん
ケアスタッフが、
その方がどうしたいかを
真剣に考え行動することで

その人がコミュニティの一員になり
仕事や役割を感じ
自分はまだ役に立てると
動いていたと聞いて
感動


亡くなる人を看取るのは辛いことです
ですが・・

全力で、本人の気持ちに
寄り添っていくことで
本人も、家族も、
最後に「ありがとう」って
思えるケアを目指したいですね


現在、アロマボランティアも高齢者施設から
本格的に緩和ケアへの活動開始したけど・・

死生観の勉強不足と患者さんの距離感や
なかなか心を開いていただけないことなど

勉強中ですが
不器用でも、患者さんがどう思っているか
気持ちを受け取れる人間力を身につけるべく

がんばるぞ〜(^^♪
緩和ケアアロマ@仙台

PageTop