・精油(エッセンシャルオイル)を使う注意点|仙台のアロマスクール「AROMAHO」は、アロマセラピーが初めての方から、介護や医療の専門分野でアロマハンドマッサージをとり入れたい方まで、現場経験豊富な国際アロマセラピストが、お一人おひとりに合ったアロマセラピーを「わかりやすく」「簡単」「楽しい」「いつでも使える」をモットーにアロマセラピーの基礎から、手作りアロマクラフトなどをお伝えしている。楽しいと評判の少人数制のスクールサロンです。福島、青森、秋田、山形、岩手からも受講いただいています。

アロマスクール&サロン 〜アロマホ〜AROMAHO

精油(エッセンシャルオイル)を使う注意点

仙台アロマ使い方1

こんにちは。アロマホのユキです。



私がアロマセラピーを勉強する
きっかけとなった
「アロマトリートメント」で
ブレンドしてもらったのが
【イランイラン&パチュリ】ブレンド。


人生で初めての香りに
なんとも言えない
幸せな気分になって


感動してしまって!


思わず、帰り道に
精油を買ってしまったのを
昨日のように思えています。





でも、買ったはいいが
香りを楽しむのはわかるけど


取り扱いって?
注意点は?



箱にはも、
瓶にも書いてないので・・
不安に感じたのを思い返し。


植物の天然成分ですが
安心して使って欲しいので
注意点をまとめてみました。






////////////////////////////
アロマセラピーの基本の記事も
書いてますので、よろしければ
↓↓こちらもご覧くださいね↓↓
https://www.aromaho.com/aromatherapy1.html
////////////////////////////




精油の使い方・注意点

仙台アロマ使い方・注意点

■精油を原液で肌に使用しない


精油は香りの成分を
ぎゅ〜っと濃縮したのもの。


天然成分100%
とは言っても


そのまま原液を肌に
直接つけると
肌に刺激を与えてしまう
精油もあります。


柑橘系は肌につけて
日光に当たると
炎症やシミを起こしたりする
「光毒性」のものもあります。


好きな香りを選ぶときに
植物の種類にも
注意してみると良いですね♪


あとは、使用する
年齢や体調によっても
精油の原液を薄める
濃度が違ったりするので


確認してから
使うと安心です♪


■お子さん、妊娠中、高齢者の方は確認して使う

仙台アロマ子供使用注意

▷乳児、幼児、お子さんへのアロマセラピー
小さなお子さんは大人と違って
肌の面積も小さく、体も
成長途中のため使う量に
注意が必要です。



@乳児(〜1歳)

 積極的な使用は
 避けたほうが良いでしょう。
 もし使うなら、「ラベンダー」を
 芳香浴でごく少量のみにしましょう。



A幼児(1〜7歳)

 使用する場合は、
 「ラベンダー」「ティーツリー」
 だけにして、乳児と同じように
 ごく少量の芳香浴。
 トリートメントの場合、
 15mlの植物オイルで
 1〜2滴までにましょう。



B子供(8〜14歳)

 大人に使う濃度の半分
 1日の精油の使用は
 3滴までにしましょう。
 





▷高齢者の場合(65歳〜)
 
 大人に使う濃度の半分
 1日の精油の使用は
  3滴までにしましょう。 


 *1日の精油の使用量の目安
  健康な大人の場合(最大6滴)
   →体の中で無理なく代謝し排出されるので
    精油の蓄積もなく安全に使えます。

「ローバート・ティスランド著/精油安全性ガイド上巻より」






▷妊娠中の方
妊娠中の方は、
体が出産に向けて変化して
とてもデリケートになっています。


香りに敏感になったり、
精油の種類によって
効果が強く出てしまう
可能性があります。


アロマセラピストとして
妊婦さんにオススメもありますが、


今まで好きだった香りも
いつもと違う感じ

するかもしれませんので


柑橘系など馴染みのある
アロマがいいかもしれませんね。


お医者様や専門家の方に
相談しながら
体にあったアロマセラピーを
おなかの赤ちゃんと
楽しんでみてくださいね♪


■ペットと快適に過ごすために

仙台アロマとペット使用注意

家族と同じようにペットを
大切にされている方も
多いと思います^^


私たちには「癒し」でも
動物たちには
強い刺激になることがあります。


例えば…


イランイランハーブ系の
香りには弱いので


使用する空間を分ける
適度な換気
濃度をすごく薄めて使うことを
オススメします^^


お互いに心地よく
安心してくつろげる
空間にしましょう♪






■敏感肌の方はパッチテストを

学び1

いざ、精油を買って
初めて肌に使ってみようと
思っても…


化粧品や汗でかぶれたり
アルコールで荒れたり
しやすい方は心配ですよね!


天然成分100%だとしても
薄める濃度によって
発疹やアレルギー反応を
起こす場合も…


お肌が弱い方
初めて精油を使う方
一度、テストしてから
使ってみましょう。


*植物オイル(マッサージオイル)も
 初めて使う場合もテストしてみましょう。




《 アレルギーテストは 》
テストしたいものを肌に塗ってから
24〜48時間様子を見るのが
一般的ですが。


精油植物オイル
腕の内側に少量塗って
10分ほど様子をみて
いただければ
肌に合うか判断できます。




〜パッチテストの方法〜

マッサージオイルのテスト】
・2ml(ティースプーン程度)を
 二の腕の内側に少量塗り
 10分ほど様子をみる。

 →かゆみや赤みなどの反応が出たら
  すぐの石鹸で洗い流してください。

  肌に合わないので別のオイルで
  試してみてください。


精油のテスト】
一般の方が体に使う濃度は
2.5〜3%程度ですが。


▷敏感肌の方は濃度を
   下げて行ってください。

例)植物オイル5mlで精油1滴(1%濃度)
例)植物オイル10mlで精油1滴(0.5%濃度)


*アレルギー体質やかぶれたことのある方は
 まれにですが、数日して反応が出ることが
 ありますので、注意深く観察してください。





■おわりに

香りは、季節ごとに
私たちの心を癒してきました。


毎日の緊張やストレスを
和らげてくれる
自然療法のアロマセラピー。


自然のエネルギーで
自分自身や大切な方に
使うからこそ、
初めに確認するのも大切。


ぜひ、正しい使い方で
みんなが安心して笑顔に
なるようにアロマセラピーを
楽しんでくださいね^^





///////////////////////////////
アロマセラピーを勉強してみたい方へ
【初めてのアロマセピー講座】♪
詳しくはこちら↓
https://www.aromaho.com/hajimete.html
///////////////////////////////

仙台アロマ使い方1

PageTop